話すことは主体的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高いお金を払ってまで、英会話スクールに入学するのは、話すことが目的であり、極端なことを言えば、これさえできれば、あとはどうでもいい、という感じも出て来るかもしれません。
確かに、その通りでもあり、会話をするために入学していることは間違いのないことです。
けれども、いざ英会話スクールに入学しても、なかなか話す機会がないことも現実かもしれません。
特に、日本にいれば、生徒同士が日本語で話してしまう可能性もあります。
もちろん、理想は日本語でも英語でも、自由に使い分けることであり、バイリンガルというものはそういうものでしょう。
しかし、学習半ばであれば、どちらかのみ時間を取りたがる傾向があり、英語なら英語、日本語なら日本語としたいようです。
これも重要なことであり、少なくとも、友人ができたのであれば、英会話スクール内では、日本人同士でも英語で話すべきなのでしょう。
また、グループレッスンということで、じっくり話ができない可能性もあります。
そういう時もまた、積極的に質問することが大切です。
ただし、グループレッスンということは、ほかの人も、英語を話したがっているはずです。
あまりにも、積極的であると、無節操になってしまい、マナーに反している行為となることもあります。
そのため、自分ばかり時間を取らないようにすることが重要です。
仮に講師とじっくり話したいのであれば、マンツーマン授業を受けるべきでしょう。
英会話スクールの中では、マンツーマン授業を積極的に行なっているところがあります。
そういうところでは、予約もしやすいため、利用することが重要です。
しかし、マンツーマン授業は、一対一のレッスンであり、料金が別途設定されています。
若干高めとなっているため、そういうコスト負担を念頭にしておくことも大事です。
そうは言っても、好きなものを身につけるのであれば、お金を気にしない人も多々いることでしょう。
なお、話すことの学習も、一人で進められるようです。
意外に聞こえるかもしれませんが、今のような英語を学ぶ機会が少ない時代では、常套手段の一つとなっていたようです。
それが音読です。
中学生程度のテキストで問題なく、それを繰り返し、スムーズに読めるようにすることです。
そうして、大事なことは、ワンタイム・アンダースタンドにすることです。
つまり、一度読んで一度で理解するということです。
しかし、音読は、上級者でも、意外に難しいようです。
やはり、外国語の習得は、長い目で見ることが大切であり、努力が何よりの効果なのでしょう。

Copyright (C)2017あなたに合った英会話スクールとは.All rights reserved.