聞くことは講師を使って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英会話の勉強と言えば、4つのカテゴリーがありますが、中でもリスニングは、苦手な人が多いかもしれません。
特に、ネイティブ・スピーカーの速さに驚き、それだけで挫折してしまうこともあるでしょう。
英会話スクールでも、講師がネイティブであり、講師同士が普通に話している言葉を聞き取れないケースも多々あるかもしれません。
しかし、英会話を自在に操るのであれば、乗り越えるべき壁とも言えます。
そのため、講師の言葉をできる限りじっくり聞くようにすることが大切です。
通常は、グループレッスンを行いますが、その時からリスニング勉強の始まりでしょう。
講師によっては、図を使ったり、あるいは、文章を示すことで、何をするのかを皆にわかるようにします。
それを読めば、たとえ聞き取りできなくても、レッスンで何がなされるのかを理解できるようになっています。
しかし、それでも不十分であり、満足行かないのであれば、質問をすることで、確認することも大事です。
また、話すことが目的で英会話スクールに入学しているため、質問もまた、英語を口にするための重要なことです。
したがって、積極的に質問をすることも大事です。
ただし、英会話スクールというと、自由な雰囲気があることは確かですが、日本に限らず、どこの国でもマナーが大切です。
むしろ、欧米の方が、マナーに厳しい場合もあり、時にそれが元で、質問をシャットアウトするケースもあるようです。
したがて、失礼のないような質問の仕方をすることも、大切であると思います。
なお、リスニングに関しても、自分で事前に勉強が可能です。
行き帰りの電車などで、リスニング用のCDやMP3を聞くことも一つの方法です。
また、シャドーイングという英文を聞きながら復唱する学習方法もあります。
英会話スクールの中には、レッスンに取り入れているところもあるようです。
自宅学習用に書籍も市販されているため、そういうものを使うのが、効果的でもあるでしょう。
何より、じっくり耳を傾けることと同時に、リラックスした雰囲気でリスニングする方が、案外理解できるケースが多いこともまた、不思議な点でもあるようです。
また、音楽も、リスニングに利用できるようです。
好きなジャンルがあれば、それを利用することも、重要です。
好きこそものの上手なれ、とは昔から日本でも言われていることです。
これは、英会話に限らず、多くの物事に共通していることのようです。
スポーツ選手がプロにまでなるのも、それが一番のようです。
したがって、非常に矛盾している言い方ですが、苦手なもの程、視点を変えて好きになるように努力すれば、自ずと結果がついて来るのかもしれません。

便利な学校の情報サイト

  • 3DCGの学校についてはこちらのページがオススメ。

Copyright (C)2017あなたに合った英会話スクールとは.All rights reserved.