外国語を学ぶ上で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語を学ぶとは、どういうことでしょうか?
非常に漠然とした質問ですが、英会話スクールに通う、あるいは、通学中でも、考えてみる価値があることかと思います。
当然、外国語とは、外国の母語であり、日本語とは大いに異なる面があります。
兄弟言語とも表現されている韓国語であっても、大きく違うものでしょう。
ましてや英語であれば、インド・ヨーロッパ言語族の一つとされ、文法なども全く異なります。
したがって、日本語話者が、英会話を身につけるには、それなりの努力がいることは、すでに触れていることです。
けれども、能力にばかり依拠することは、可能性を失わせることでもあるでしょう。
このため、重要なことは、やはり、日本語をきちんと身に付けることです。
少し触れていることでもありますが、日本語が下地になっているからこそ、英語を身につけることができると言えます。
日本語と英語の文法が全く異なっていても、対応する単語があります。
国がcountryあるいはnationとなるように、対となる言葉があります。
もっとも、完全に対になるものがないため、言い回しで伝えるようになることも、外国語では重要です。
しかし、日本で英語を学ぶ以上、日本語が主体となり、その上に英語が乗って来る形です。
したがって、日本語がしっかりしていなければ、土台が緩み、英語を身につけることも難しくなるでしょう。
しかし、外国に言えば、当初は日本語でものを考えたいたのが、次第に現地の言葉に変わるようです。
あるいは、日本人でも、子供の頃から外国に暮らしていれば、日本でずっと育った人とは、異なる感覚が生まれ、言葉についても、同様でしょう。
アメリカなどに暮らす日系人も、姿形が日本人のようでも、母国語が異なり、それに伴うアイデンティティが異なります。
一般的には、そこで暮らし続ける事によって、主体となる言語が生まれ、それを使いこなすことで、色々なこと身に付けることができるようです。
このため、英語を身につけるのであれば、同時に、日本語も身につけるということを念頭にしておくことも、大切であると思います。
いずれにせよ、外国語を学ぶと、世界が広がるようです。
ましてや、英語であれば、実質の国際公用語となっています。
今を知ることにも、大いに役立ち、海外での活躍なども、期待できるようです。
就職あるいは留学などで利用でき、現地で過ごすこともまた、可能になるかもしれません。
それもまた、グローバル化時代らしいあり方かもしれません。

Copyright (C)2017あなたに合った英会話スクールとは.All rights reserved.